代表 武田和大について

SAX奏者 武田和大

06_take_llust-2.jpg
武田和大 _ Kazuhiro TAKEDA _ Sax (S,A,T,B), Fl, Cl, BCl, Recorder, Ocarina, Arr, Comp.
1967年9月19日、東京生まれ。

'88年田口トモロヲの ばちかぶり に、'90年にボストンでジョージラッセルorch.に参加。帰国後はドデカコルドン(和みの生4人楽団)QUADRA(JazzのSax4tet.)T.P.O.(Funk Orchestra)Ex-male.(可愛いニューハーフと世界旅行)ザッピー☆ハッピー(ノドカなSax四重奏)などでライブを重ねつつ大衆演劇からパンクまで神出鬼没。'06年ドデカコルドン名義でアルバムを発表。近年の代表的な編曲と演奏はm-flo with Double&TOKUの『Life is Beautiful』やJazztronikへの管アレンジなど。演劇集団キャラメルボックスのサントラではオカリナ、リコーダーでもお馴染み。CMなどへの作・演奏も多くどこかで聞いているかも。Saxアンサンブルのみならず生管楽器の佳さを広めるのがライフワーク。管楽器愛好家向け雑誌(楽器族ブラストライブ、The Sax)での連載やシンコーミュージック刊「アルトサックスで一発芸」も好評。

2011年の東日本大震災をきっかけに【楽器forKids】という復興支援チームを起ち上げ、被災地の子供達に使わない楽器を届ける活動を続け、2012年3月には浜離宮朝日ホールで被災地から子供達を招聘したコンサートをWindBandForGreen・コンサートプロモーターズ協会と共催し司会を務める。
福島の子供達の未来を支える基金作りのためのレーベル、フクシマレコーズでも中核アーティストとして参画。

ライブ情報、レッスン情報など詳細はHP↓

http://homepage.mac.com/dodekachordon/kazudai/